YUKA863_uresiina15202157_TP_V
 
 ふう。今日もバタバタお仕事しています。月末も近づいてきたので、クライアントさんから「来月のスケジュールどう?」と、毎日聞かれています。

 私は昼間にフルタイムで働いています。つまり、平日の夜と土日の時間をライター業に割り当てるのですが、毎月月末は次月のスケジュール組みでバタバタと忙しいのです。

 今月もかなり仕事だらけになってしまったので、「来月こそは仕事を減らそう」と思い、しばらく受注していた継続案件を1つお断りしました。

 正直、ずっとコツコツ書いていた案件なので少し心苦しい部分もあるのですが、他案件の単価は倍以上なんです。優先順位を付けて判断しました。

 これで、新規単発案件が入ったとしても対応できます。

 そもそも、私が忙しいのはクライアントさんにも伝わっているらしく、「とっとこさんが可能なだけ引き受けて欲しい」と言われています。なので、極端にいえば自分の裁量次第で仕事量を決定できます。お付き合い頂いているクライアントさんには本当に感謝です。

 
 そうそう、ここでしか言えない話ですが、最近ランサーズアカウントから出される案件に少し変化があった気がします。以前は「マガラニカ」というアカウントから様々な単価の案件募集が出されていたのですが、今はどれも単価が非常に低いです。

 しかし、実はランサーズ市場から高単価案件が消えたわけでなく、高単価専用のアカウントを用意した可能性が高いです。

 今月だけで、高単価専用アカウントから直接依頼の相談があったのは3件。発注元は今をときめく大企業ばかりです。内容は明かせませんが、報酬額でいうと、1300字12,690円、1200字10,300円などです。ちなみに、認定ランサーじゃない方も招待されていました。

 こういう案件は秘匿性が高く市場に出回らないので、知らない人は知らないまま「ランサーズって単価低い!」と嘆くのでしょうね。

 とっとこブログの読者さんと私だけの、「ここだけのハナシ」でした。
スポンサーリンク



※ブログの更新通知はTwitterのみとなっています。
よろしければ下のボタンからフォローをお願いします。

Twitterボタン