cc0160155856_TP_V

 みなさま、月末いかがお過ごしでしょうか。私はまだ原稿が終わっていません。あと、14,000字です。やっと終わりが見えてきました。

 少し早いですが、月末の報酬額が確定したので結果を報告します。今後の活動について後述しますので、ぜひ最後まで読んでやってください。
スポンサーリンク

7月度全収入額の内訳

会社

総支給額 241,021円 (196,021円)

雑収入

■2,147円

ランサーズ&クラウドワークス

■6000字32,606円×2=65,212円(52,169円)

■3000字30記事※文字数超過により単価調整有=594.999円(545,249円)

■認定ランサー指名料 1,981円

受注合計額 662,192円(599,399円)

※()内は手取り金額

合計額905,360円で、手取り797,567円。

まだ今月が終わったわけではないのですが、支払い確定済みなので報酬額も確定です。給料が前後する可能性があるので、おそらく実際には手取り80万円ちょっとぐらいになりそうです。

いやー、ほんとにキツイ月でした。パラレルキャリアを全力でやったらこうなった、って感じです。正直、今の私の限界はこのラインです。兼業の限界を感じた1ヶ月でした。

8月度の受注予定額

8月も手持ち案件全て継続です。さらに、1案件が継続として追加になります。これで8月はもう手一杯ですね。9月のスケジュールも少しづつ埋まっているような状況です。

<打診されている発注>

■3,000字×40

■6,000字×2

■3,000字×3

※金額は受注調整未なので未計算

そして、会社を退職します。

私事ですが、8月5日付けで会社を退職します。散々悩んだのですが、後悔しない選択をしたつもりです。私が会社を辞める理由を4つ挙げます。

1.非効率なことに時間を使いたくない

今の私の状態は、「会社に行けば行くほど収入が下がる」という状態です。なぜならば、1記事を3時間で書いたとして16,000円、会社で8時間働いて10,500円なので、会社に行くほうが収入的にも時間的にもめちゃくちゃ非効率だからです。正直、会社に行くモチベーションが急激に下がっていました。「すぐにでも帰宅して記事を書きたい」と思い続けながら働くのは相当ストレスでした。


2.楽しいことをもっとたくさんやりたい

話は変わりますが、会社の上司が来年で定年を迎えます。勤続40年らしく退職金が2,000万円だそうです。でも、正直何の魅力も感じなかったです。なぜかというと、「年をとってから巨額のお金を手にしても体がいうことを聞かない」と思っているからです。私の収入はここ数ヶ月50万円以上になっていますが、正直お金を使うには健康が前提なんですよね。だから、若い時にお金をたくさん稼いで、もっともっと自分の知らないことを体験したいと思っています。


3.会社の時間が正直邪魔だった

1とかぶる部分が多いのですが、会社は「人生のおいしい時間」の大部分を占めてしまうと感じています。朝起きて通勤電車で押しくらまんじゅうしながら会社に着いて、偉い人のどうでもいい朝礼を聞いて、「こんなことしてていいのかな自分…」と考えながらダラダラ働く。それが耐えられませんでした。「もっともっと挑戦したいことがあるのに会社の時間が邪魔すぎる」と思うようになり、会社を辞めたいと考えるようになりました。


4.会社員を続けることの代償があまりにも大きすぎた

会社員のほとんどは、「会社が嫌い」とか「行きたくない」と感じていると思います。そもそも、嫌いなことに多大な時間を投資するのってめちゃくちゃもったいなくないですか?「会社員に人生の大部分を捧げる価値があるのか?」と考えた時に、私の場合は「NO」でした。人生で最も大切なのは「お金」じゃなくて「時間」です。私は、時間をもっと大切に使いたいのです。


結論をまとめると、

「明日死んだとしても、後悔の無い選択をしたかった」

というのが本音です。

私自身非常に臆病なので、フリーの仕事をたくさん持った状態だからこそ決断することができました。実は、来月からある企業と業務委託契約を結ぶことが決定しています。お客さんの紹介でひょんなことから縁が生まれ、「ぜひ取引したい」と契約に至りました。

会社員で1ヶ月働いて20万円稼ぐなら、フリーランスで4日働いて20万円稼ぎます。そして、残りの26日間を自分に投資したいのです。


来月からは少し活動内容が変わりますが、私はあくまでとっとこです。


「自分の価値観を変えること」をもっともっと楽しんでいけますように。


※ブログの更新通知はTwitterのみとなっています。
よろしければ下のボタンからフォローをお願いします。

Twitterボタン
フォローお願いします☆