NEKOIMG_7776_TP_V
はい、諸事情によりブログを放置していました。

そして、今月もバッチリ多忙です。もはや、1年の中で多忙じゃない月なんてないのではなかろうか、とさえ思います。とっても嬉しい悲鳴ですね。

さて、今日は珍しく、最近よく感じることをお話したいと思います。





あなたは、「縁」を信じていますか?




あ、ちなみに私は宗教やスピリチュアル関係の信仰はありません。

そんな私でも、唯一信じていることがあります。

それは、「必要なタイミングで、必要な人や物事に出会う」というものです。

 
スポンサーリンク

転機はいつも欲しているときに起こる

私がランサーズに登録したのは、今からちょうど2年前。

私は普通の会社員で、特に主だったスキルもない一般人でした。


しかし、私は常々考えていました。

「どうすれば豊かな人生を送れるのだろう」

と。


そんなことを考えていたある日、通勤途中にスマホで記事を読んでいたら、クラウドソーシングの特集を見かけました。

当然私はクラウドソーシングなんてものを知らなかったのですが、好奇心を刺激されて記事を読みました。

そして、クラウドソーシングの仕組みを知った時、

「これはすごい!」

と感じたのを今でも覚えています。

その後ランサーズを知り、なんとなく「関わっておいたほうが良い」と感じました。


これは全て偶然だと思います。

しかし、おそらく「欲していたからこそチャンスに気付けた」とも思うのです。

必要なタイミングで、必要な物事が起こる

ランサーズに登録してから、毎日ダラダラと案件検索を見ていました。

だからといって提案するわけでもなく、

「どんな案件があるのかな」

という好奇心の赴くまま、多数の案件をチェックしました。



そんなある日、1通のメッセージが届きます。

メッセージは、直接依頼の打診でした。

そう、ライターとして初めてお仕事することになったのです。


おそらく、私がランサーズを毎日見ていなかったら、メッセージにも気付けなかったと思います。


「可能性」を感じ続けることの重要性

ランサーズのマーケットは、この2年間だけでも目まぐるしく成長しています。

2年間ほぼ毎日ログインしている私ですが、今だに「可能性」を感じます。


「どんなクライアントさんと出会えるのかな」

「どれほどのチャンスが眠っているのだろう」

と考えれば考えるほど、非常にワクワクします。


実は、この「可能性を感じられるかどうか」が、ランサーズを続けるための分岐点だと思います。

可能性を感じるからこそ工夫するし、気になってログインする。

逆に、可能性を感じなければ、当然ながらランサーズを続けるのは難しいですよね。


とにかく続ければ、必要な人に出会える

ランサーズに登録後、順調に売上を伸ばしていました。

しかし、15万円~20万円のところで頭打ちになります。


「売上を今まで以上に伸ばすにはどうすればいいんだろう」

と頭を悩ませていたある日、ちょこちょこ取引していたクライアントさんから大型案件の打診をいただきました。


私は即答で挑戦することに。


これも、欲していたからこそ出会えた物事だと思います。

私がこのようなチャンスに出会えた理由を挙げるならば、「淡々と続けていたから」だけだと思っています。

月150万円を掲げてからの出会い

今年の私の目標は、月150万円を達成することです。

しかしながら、手応えや根拠なんてありません。

ただ、「欲している」と周囲に宣言しているだけです。


そんな中、月75万円分の継続案件の打診があったり、通常よりも高い単価の打診があったりと、少しずつ状況が目標に動こうとしています。

これらは「縁」だと思っています。

私が必要だと決めたからこそ、出会うべき人や物事と出会う。

そのチャンスを活かせるかどうかは、私次第ですね。




※画像提供元 ぱくたそ

※ブログの更新通知はTwitterのみとなっています。
よろしければ下のボタンからフォローをお願いします。

Twitterボタン
フォローお願いします☆