衝撃的なタイトルだったかもしれません。

心身共にダメージが大きく、ここ1週間は本当に辛い日々でした。


この度2017年9月13日をもって私とっとこランサーは、離婚いたしました。

結果から見れば、短期交際でのスピード婚、スピード離婚になりました。

おそらく、

「なにやってんだか」

「慎重に進めないからそうなる。自業自得だよ」

というような声もあるかと思いますが、ごもっともかもしれません。しかし私は、後悔はしていません。 


離婚の原因は価値観の違い

離婚の原因は、お互いの価値観の違いです。

当然ながら詳細を書くこともできませんし、書きたくもありません。


ただ当たり前ですが、ちょっとしたすれ違い程度で離婚なんていう結果にはなりません。

「一生お互いを幸せにする」と約束するのが結婚です。

それほど大切な約束を、ちょっとやそっとの出来事で破るわけがないのです。

出来得る限り最大限の努力をして、それでも溝が埋まらなかった。


その結果、離婚という道を歩むことになりました。

「家族を失う」という辛さ

離婚後は、当たり前ですが別々に暮らすことになります。

お互い同意の上至った離婚ですが、短い間なれど一度は家族になり、「一生幸せにしたい」と思った相手と離れるという事実が非常に辛かったです。

住んでいた家には共有した思い出や記憶があり、それを見るたびに

「なぜ上手く行かなかったのか」

とたくさん自分を責めました。


また、キッチンで料理をしている姿や家事をしている姿がフラッシュバックして、涙が止まらなくなることもありました。


恋愛、仕事問わず今まで沢山の別れを経験してきましたが、家族を失うという事実の重さや辛さは、本当に耐え難いものだと痛感しました。

離婚してから食欲が全くなくなり、どんな物事にも全く集中できませんでした。

体重も減る一方でした。

深いキズを負ったからこそ、学んだこと

今でもダメージが無いといえば嘘になりますが、離婚を通して学んだことがあります。

私自身、誰かを頼ったり、自分の弱い所を見せたりすることがずっと苦手だったんですよね。

なぜかというと、幼い頃から

「頼ること=弱い自分」

だと思ってきたからです。


加えて母子家庭だったので、「母を支えなきゃ」と強く思っていました。

そして、素直に自分の気持ちを表現する経験をほとんど積まずに大人になってしまいました。


離婚後は本当に辛く、たくさんの人に弱い部分を打ち明けました。すると、

「大丈夫やで。時間が必ず前向きにさせてくれるから」

「焦らず、今は自分の感情をそのまま受け入れればいいよ」

など、皆さん本当に励ましてくださいました。


離婚を通して私は、

「誰かに弱いところを見せる大切さ」

を知りました。

もちろん、1人で踏ん張る強さも必要ですが、無理だと思ったらちゃんとSOSを出す。

そうやって、自分も他人の弱さを受け入れられるようになるんだ、ということを知ったのです。

これは、とても大きな学びだったと思います。


それでも未来を信じて進む

大きなダメージを負いましたが、それでも仕事はこなし続けました。

なぜなら私はプロだからです。

自分の感情や状況はクライアントさんに関係のないことです。

どれだけ厳しい状態でも、記事を書き続けました。


もちろん並行して、10月1日のセミナー用資料も作成しました。

セミナーに来て下さる方の費用、時間、労力。

それらを割いていただくからには、

「来て本当によかった!」

と言ってもらえるセミナーにしたいのです。

人生を変えるキッカケは、「今」の自分の行動

人生を変えるキッカケって、実はたくさんあるんだと思います。

私は離婚という転換点を迎えましたが、それも1つの人生を変えるキッカケだと思います。


今の自分の行動が、未来を作っていきます。

ひょんなキッカケから、大きく未来が変わる可能性もあるのです。


そういう意味で10月1日の「超実践セミナー」は、あなたの人生を変えるキッカケになるかもしれません。


そもそも人生は、自分自身でしか変えることができません。

自分自身が変わろうとしなければ、変えられるものも変えられなくなります。


偉そうに言っていますが、私もまだまだ未熟です。

もっともっと感情を揺さぶる経験をして、人間性を磨いていきたいと思います。

<セミナーのお申込みはこちらから>

・超実践セミナー



※画像提供元 ぱくたそ

※ブログの更新通知はTwitterのみとなっています。
よろしければ下のボタンからフォローをお願いします。

Twitterボタン
フォローお願いします☆