IMG_0999

こんばんは。気付けばもう深夜ですね。

明日が土日ということもあり、街は会社帰りの方で賑わっていました。


今年は公私共にさまざまな出来事があり、ここ数年では例にないほど濃い体験をしているような気がします。

そんな背景が影響したからか、今年はたくさんの本を読んでいます。

最近出会った本が本当に素晴らしい作品だったので、「ぜひみんなに知ってもらいたい」と思い、ブログを書くことにしました。

その作品は、

「私という運命について」
著:白石一文

です。

私という運命について (角川文庫) [ 白石一文 ]

価格:777円
(2017/10/21 01:06時点)



【電子書籍版】

私という運命について【電子書籍】[ 白石 一文 ]

価格:756円
(2017/10/21 01:07時点)





結論から言ってしまうと、

・20代後半~40代の男性や女性

・現在、人生の岐路に立っているような気がする

・結婚や子ども、家庭について悩んでいることがある

・記憶に残るような本を読みたい


というような方は絶対読んだほうが良いと思います。
スポンサーリンク

物語の概要

主人公は、29歳の独身女性です。周囲が結婚や出産などで環境が変化し始めたことで、自身もさまざまな不安や悩みと葛藤していきます。

そんなときに、交際していた男性からプロポーズされます。主人公は、

「凡庸な人と結婚したくない」

と思い、プロポーズを断って別れることになりました。



物語は、このようなところからスタートしていきます。

29歳~40歳までに起こったさまざまな出来事を通し、主人公は自身の運命について向き合っていきます。

「葛藤」が生々しく描かれている

出産時期や結婚適齢期を迎えた女性がゆえの焦りや不安、

「あの人と結婚すべきだったのだろうか」

「自分の運命とは」

など、1人の女性が人生を生きる上で抱える葛藤を忠実に描いています。


個人的には、男性にも読んでほしいと思います。

なぜかというと、女性が抱える悩みや葛藤が忠実に描かれているからこそ、「こういう気持ちを抱えているんだ」と男性も理解しておくべきだと思うからです。


自身を振り返ることができる本

気付けば、私は本を読み進めるうちに、自分自身に起こった出来事と重ねていることに気付きました。

そして、「こういうとき、自分だったらどう感じるのだろう?」と常に想像して読み進めるうちに、感動や面白いという表現だけでは表現しきれないほどの、様々な感情を持ちました。

文章としては少し固めなのですが、読み進めるうちに慣れてくると思います。


読了後は、「なんとも言えない気持ち」になる

ボロボロ泣いてしまうような場面もいくつかありましたが、本の感想としては、「面白い」とか、「感動した」だけでは表現しきれないような作品でした。


今までたくさんの本を読んできましたが、こんな感想を持ったのは初めてです。

だからこそ、様々な方に読んでほしい。


「次に読む本を探している」

という方は、ぜひ読んでみてください。


<楽天リンク>

私という運命について (角川文庫) [ 白石一文 ]

価格:777円
(2017/10/21 01:34時点)


私という運命について【電子書籍】[ 白石 一文 ]

価格:756円
(2017/10/21 01:07時点)




※ブログの更新通知はTwitterのみとなっています。
よろしければ下のボタンからフォローをお願いします。

Twitterボタン
フォローお願いします☆