tottoko
※女性だと思われている方が多いようなので、実写載せてます。


めちゃくちゃ久しぶりの更新ですね。

皆様いかがお過ごしでしょうか。


私自身は変わらずバタバタと忙しい毎日を過ごしています。

忙しいということはすなわち、ご依頼してくださるクライアントさまに支えられているということでもあります。

とても幸せなことですね。

いつもありがとうございます。


では、いきなり本題に入ります。

私は2016年8月からフリーランスになりました。

つまり、今月で20回目の月末を経験しているということですね。


まだまだ本当に経験不足で、1人でやらなければならない無力さを感じることも多々あり、本当に日々鍛錬の毎日です。

だからこそ
「これはあの時の自分に伝えたいなぁ」
ということが結構あるんですよね。


なので今日は
「フリーになる前の自分に伝えたいこと」
をお話していこうと思います。


フリーランスになる前の自分に伝えたいこと

フリーランスになる前の自分に伝えたいことを簡単にまとめると、

①思っているより楽じゃないよ

②お金のことはちゃんと考えておいたほうがいい

③三振してもバッターボックスに入る大切さ


の3つでしょうか。

これらは本心であり、偽りのない気持ちです。

①思っているより楽じゃない

はい、これはフリーランスあるあるですね。

フリーランスって、思ってるより楽じゃないです。


もちろん、これは業種によって異なりますが、少なくともライターという分野で生きているとそう感じます。


フリーランスになる直前のブログを見返してみると、

「非効率なことに時間を使って後悔したくない」

と言っていますが、この気持ちは今でも変わりません。

しかし私の場合、フリーランスになってから24時間365日生産性を追いかけるような思考になっているような気がします。

たまにふと思うのです。
「これって幸せなのかな?」
と。

もちろん、毎月温泉だって行けるし、平日の昼間に優雅なランチを過ごすこともできます。

でも、それが=幸せだとは思わないんですよね。


「自分にとっての幸せってなんだろう」
と結構考えたりもします。


なので、当時の自分に伝えたいです。

「フリーランスになる=幸せじゃないから、思ってるより楽じゃないよ」

って。

②お金のことはちゃんと考えておいたほうがいい

フリーランスになる前に、お金のことは絶対考えておいたほうがいいです。

というのも、会社員の頃よりも収入が上下に振れやすい、さらに加えるなら、会社員の手取りとフリーランスの手取りは違うということを知っておかなければなりません。

私自身、フリーランスになった年の10月、単月売上129万円(手取り125万円)を達成した経験があります。

当時のブログ↓

「10月度の全報酬額公開。月収100万円への挑戦は果たして…」

この時の売上は、あくまで「最大瞬間風速」なんですよね。

そこから、

「全力で数字にコミットするより、ゆるく働いて月60万円が幸せ」

と思うようになり、仕事量を調整するようになりました。


ただ、数字だけみれば、65万円減なわけです。

ハッキリ言って、フリーランスに安定はありません。


当時の自分に

「今の仕事が未来永劫続くと思っていないか?ちゃんとお金のことを考えておいたほうが良いよ」

と伝えたいですね。

③三振してもバッターボックスに入る大切さ

最後に伝えたいのは、

「三振してもバッターボックスに入る大切さ」

ですね。


フリーランスになった当初の自分と現在を比べると、仕事内容も大きく変わりました。

しれっと言っておくと、先ほど触れた単月129万円の最高売上もちゃっかり更新しました。

具体的な数字は【未経験から月収50万円超のフリーライターになるための教科書】のnoteに書いていますので、気になる方だけどうぞ。


更新できたのは、三振しても失敗しても、バッターボックスに入ることを辞めなかったからだと思います。

バッターボックスに入る=チャレンジする、ということです。

フリーランスになって特に感じた当たり前のことは、バッターボックスに入らなければ上手く行くこともないんですよね。

つまり、失敗を避けることが逆にリスクになる場合もあるということです。

なぜかというと、挑戦し続けない限り、事業の拡大はありえないからですね。

逆に、挑戦を避けたことで上手く行かなくなるケースは結構あります。

これは、会社員と大きく異なる点だと思います。


当時の自分には

「三振しても良いからバッターボックスに入ること。その挑戦が後々財産になるよ」

と伝えたいです。

苦しいときもあるけど、「未来を自分で創る」という楽しさもある

フリーランスって、時々めっちゃ苦しいときがあるんですよね。

でもその反面、

「なんて楽しい仕事なんだろう。これだけたくさんの素晴らしい人に出会えて、私は幸せだ」

と感じる機会も非常に多いです。


紆余曲折あっても、自分の手で自分の未来を創れるのがフリーランスです。

挑戦して失敗して、それでも立ち上がって。

そうやってチャレンジした経験こそが、私の大きな財産なのだと思っています。


楽しいことばかりじゃないですが、それでも前を向いて、日々挑戦していきます。

それではまた。


※ブログの更新通知はTwitterのみとなっています。
よろしければ下のボタンからフォローをお願いします。

とっとこランサーのTwitterへ