メルセデス・ベンツA180外装

「外車って、実際どうなんだろう?」
 
「興味あるけどよく壊れるって聞くし…」

「一度はベンツに乗ってみたい」


あなたもこのように思っていませんか?かくいう私も

「外車乗ったことないしベンツ乗ってみよ」

という感じでベンツのAクラスを半年前に購入しました。


もちろん、購入する前はインターネット上でもたくさん情報収集をしましたし、ヤフー知恵袋なども舐めるようにチェックしました。

その上で購入に至ったわけなのですが、ぶっちゃけ

「いやいやいや…インターネットの記事嘘ばっかりやん…!」

ってめちゃくちゃ感じたんですよね。もちろん全ての記事とはいいませんが、少なくとも検索上位に上がっている記事の多くは

・専門的な知識ばかりが並んで意味不明

・そもそも買ったことのない人が書いてる

・情報を拾い集めただけ

って感じだったんですよ…。

実際、購入してからも「はぁ!?書いてることと全然違う…」みたいなことが続出したわけです。


そこで、私もライターの端くれとして

「これ以上被害者を増やさないためにも本音でレビューしてやろう…!!」

と思い立ちました。

本音で辛口レビューを書いていくので、参考にしてみてください。

下取りより一括査定が断然お得!

実は、新しいクルマを購入する際、下取りで売却すると数十万円単位のお金を損してしまう可能性があります。

なぜかというと、下取りによる売却は買取価格の競争がないため、最も低い金額を提示されるケースがほとんどだからです。

私のケースでは外車ディーラーよりも買取店のほうが、40万円以上も高く買い取ってもらえました。

高く売却するために無料で利用できる便利なサービスが「中古車一括査定」というものです。

中古車一括査定であれば、無料かつ1分程度の入力だけで、複数の買取店で査定価格を比較することができますよ。当然価格競争も起こるので、高額買取も実現しやすいです。

オススメできる中古車一括査定サービスは楽天オートなので、これから乗り換えされる方は上手く活用してくださいね。

【オススメ中古車一括査定サービス】

楽天オートをチェックしてみる 


※注意点※
この記事はAクラスを購入した筆者の主観が多くを占めていますので、人によっては感じ方が異なるかもしれません。あらかじめご注意ください。

※当記事はAクラスの実車レビューです。クラスが違えば内容も異なるので、他クラスを検討中の人は参考程度に読んでもらえればうれしいです。


間違った長所を反論レビュー


ベンツAクラスの記事でよく挙げられている長所として

①見切りが良くて運転しやすい

②小回りが効くので取り回しが楽

③乗り心地が良い

という3つがあります。

半年乗った上で結論から言ってしまえば、

「全くありえない」

って感じですね…!

ただ、ここでいくら吠えても伝わりにくいと思うので、間違った長所を実車写真で検証してみたいと思います。

①見切りが良くて運転しやすい

「見切り」とはドライバーの視界のことです。

つまり、見切りが良い=ドライバーの視界が良くて判断しやすいってことですね。

この長所は、Aクラスに関する多くの記事で挙げられています。

では、実車の写真をどうぞ。

IMG_5860

こちらは運転席から左後方を見た写真です。

はい、全然見えませんね。

左後方の視界はぶっちゃけかなり悪いです。これは

・スタイル重視で窓が小さい

・シートのヘッドレスト位置が高い&でかい

・Bピラー(ドアの境目パネル)の幅が広い

などの要因があるのですが、交差点とか超絶怖いですよ。

雨の日の夜中なんて、もはや「頼むからいないで…!」と神に頼むレベルです。

購入したヤナセ(ベンツの正規販売店)に対策を聞いたら

「あ~ですよね…助手席を限界まで前にやれば改善されますよ!」

と言われました。人乗せる気ゼロかよ…

ちなみに、前方右側の写真はこちら。

IMG_5870

はい、こちらも良くはないです。

私は国産車を6台くらい乗り継いできましたが、Aクラスの見切りは過去最悪レベルです。

これを「見切りが良い」と記事に書くなんて、言語道断ですよ。

②小回りが効くので取り回しが楽


Aクラスって、ベンツの中では最もコンパクトなモデルなんです。

だから、

「小回りが効くので取り回しが楽!」

とかデータだけ見て書いちゃうんでしょうけど、ハッキリ言って全く良くないですよ。

なぜかというと、車幅がデカいからです。

この写真を見ればわかるはず。

IMG_5861

IMG_5863

IMG_5862

お伝えしたように、Aクラスって他のクラスよりコンパクトなのは事実です。

ただ、車幅がめちゃくちゃ広いんですよ…!

だから駐車場も枠内パッツパツです。


ここで国産コンパクトカーのデータと比較してみましょう。

国産のコンパクトカーの車幅は1700mm(170cm)前後のものがほとんどです。

参考車種でいうと、マツダ デミオやホンダ フィットなども1695mm(169cm)になっていますね。

対してベンツAクラスは1780mm(178cm)です。

そう、9cmも大きいんですよ…!


これ、多分伝わりにくいかもしれないので少しイメージしてほしいんですけど、道に178cmの男性が横たわってたらどう思います?

細い道ですれ違えそうですか?

普通に轢くでしょ…


「コンパクトカーなのに細い道は激苦手」

これがAクラスの事実だと思います。

決して取り回しも良くありません。


③乗り心地が良い


はい、こちらも嘘です。

少なくとも、私が乗っているA180スポーツというグレードは全然良くないです。

もちろん乗り心地なんて主観でしかないので個々の感覚だとは思います。

が、缶コーラが溢れるレベルですよ…?

これを良いなんて、私は嘘でも書けません。

さらにいえば、私はローダウン車両やスポーツカーを乗り継いで現在に至っています。

つまり、そんじょそこらの人よりも乗り心地に関しては寛容なはずなんです。

そんな私が「乗り心地は良くないよ」という発言している事実自体に説得力があると思いませんか?

購入される方は、絶対悪路を試乗してみたほうが良いですね。

ただ1つ注意点として、A180のマイナーチェンジ後のモデルでは、ランフラットタイヤ(パンクしても走れるタイヤ)が撤廃されていて、かなり乗り心地良くなってました。

IMG_5833

乗り心地重視なら、ランフラットタイヤじゃないモデルをおすすめします。


他にもまだまだある欠点の数々

他にも

①ブレーキパッドの粉が半端ない

②車体が低いので駐車券がめちゃくちゃ取りにくい

③ナビのポンコツぶりがヤバイ

④無駄な金持ち認定

などがありますよ。それぞれ簡単にお話しておきますね。

①ブレーキパッドの粉が半端ない


もしかしたらご存知かもしれませんが、外車ってブレーキパッドの粉がめちゃくちゃ出るんです。

これはベンツだけでなく、BMWやアウディ、ポルシェなんかも同じですね。

たぶん、国産車から乗り換えたら驚愕するレベルだと思います。

だって、100km乗っただけでホイールが真っ黒になりますから。

しかも、外車のブレーキパッドにはスチールが含まれている場合がほとんどなので、洗車せず放っておくとボディの上で錆びます。

私も納車後1週間で

「なにこれヤベェ!ドロドロじゃん!」

ってなったので、すぐにブレーキパッドを交換しました。

ブレーキパッドを低ダストタイプの社外品に変えれば、粉は5分の1ぐらいに激減しますよ。

さらにローター(ホイールの中にある円盤みたいなやつ)も攻撃しにくくなるので、高額な交換部品も減ります。

1度変えたら3年単位でもつ部品なので、新しい車でもブレーキパッドは交換しておくのがおすすめですね。ぶっちゃけ、それだけで洗車の頻度に雲泥の差がでますし、ブレーキの効きも純正品と同レベルですよ。

私が使っている低ダストブレーキパッドを参考に記載しておくので、よかったら使ってください。

注意点として、スポーツパッケージである「AMGライン」と通常のパッケージでは、前側のブレーキの大きさが少し異なります。なので、フロント側(前側)のみ品番が違います。

私もチェックの上記載していますが、購入される際は再確認してくださいね。

【A180 AMGライン用1台分】

[β657/β651] ACRE / ユーロストリート ブレーキパッド 1台分セット ベンツ CLA C117 117344 13.7~

価格:22,400円
(2019/3/15 12:03時点)



【A180 W176 AMGライン以外1台用】

[β658/β651] ACRE / ユーロストリート ブレーキパッド 1台分セット ベンツ A CLASS W176 176042 13.01~

価格:22,400円
(2019/3/15 12:08時点)


②車体が低いので駐車券がめちゃくちゃ取りにくい


これはAクラスあるあるだと思いますが、車体が低すぎて駐車場の発券機がめちゃくちゃ遠いです。

私自身、身長が180cmぐらいあるので決して腕が短いわけでもないと思いますが、券に届かないこともしばしば。

女性の方はもっとキツイかもしれないので、覚悟が必要だと思います。
(シート位置を上げればマシになりますが、車内は狭くなります)

③ナビのポンコツぶりがヤバイ


もうコメントするのも嫌になるぐらい、ナビのポンコツぶりがヤバイです。

その要因は、地図ソフト更新の遅さです。

2018年12月現在の公式サイトを見てみましょう。

無題
(参考:メルセデス・ベンツ 公式より)

はい、2017年3月~2016年9月が更新時期になってますね。

更新時期自体も非常に遅いので、最新データもへったくれもありません。

もう高速道路に乗れば空中を飛びまくってます…(新名神もない)

ちなみに地図更新は今年の9月にしたばかりです。


それに、ナビ機能もかなりイマイチですね。

Google Mapのほうがどれだけ優秀かわからないです。

しかもナビは交換できない仕様ですから、ガマンするしかないです…

まぁ、諦めてGoogle Mapを使うのが良いかもしれません。

④無駄な金持ち認定


これは完全にベンツを選んだ私が悪いのですが、ベンツに乗ってるだけで周囲の「金持ち認定」がすごいです。

「クルマでステータスをアピールしたい」

という人には良いことかもしれませんが、私なんて単なるゆるふわ引きこもりなんで。

ベンツに乗ってるだけでガソリンスタンドでは高い順に商品を勧められたり、工賃が異常に高かったりと、普通にめんどくさいですね。


買ってめちゃくちゃ良かった所

ここまでディスりにディスりまくってきたわけですが、

「じゃあ買って後悔しているの…?」

と聞かれれば、決してそんなことはないんですよね。

買ってみて初めてわかったのですが、至るところに「メルセデス・ベンツの美学」が垣間見えるんですよ。

それもそのはず。

ベンツの企業理念は

「最良か無か(Das Beste oder nichts)」

で、中途半端さがありません。

簡単にいえば、めちゃくちゃ良い所は唸るほど良いんだけどその反面悪いところも驚くほどいまいちって感じですね。

つまり、日本車のような「優等生」ではなく、「個性が光る生徒」ってかんじ。

パラメーターの割り振りが極端な分、良いところはめちゃくちゃ良いんですよ。

買ってみてよかった所もお伝えしておきますね。

安全装置は唸るレベルに良い

ベンツは世界で1番最初に自動車を創った歴史があり、安全に対する姿勢も徹底しています。

例えば、「ブラインドスポットアシスト」という機能。

IMG_5856

この機能は、車体の周囲をレーダーで常に監視して、ドライバーの死角をサポートするものです。

例えば、右側に車両がいるのに気付かず車線変更しようとすれば、ミラーについてる三角形が赤色に光るとともに、音でドライバーに警告を発します。

なので、高速道路はかなり快適かつ安全に走行できますよ。

この機能はめちゃくちゃ頼れるので、買ってよかったと思えるポイントですね。

自動走行に近いオート操作


ベンツには、「ディスタンスパイロット」という機能があって、前方を走行する車両をカメラとレーダーで監視しています。

この機能をONにすれば、前車との車間距離や走行スピードを自動で保ってくれます。

つまり、ドライバーはハンドル操作だけ。ブレーキもアクセルもクルマが勝手にやってくれます。

この機能は遠出時にかなり重宝しますね。

この機能があるだけで、他のクルマには乗れなくなるほど優秀だと感じます。

クルマの基本性能がかなり高い


クルマの基本性能って、「加速」「止まる」「曲がる」の3つですよね。

この3つの性能でいえば、もはや文句のつけようが無いです。

ブレーキもめちゃくちゃ効くし、キビキビとスマートに走行する。

カーブも吸い付くように曲がるので、安心感では段違いですね。

基本性能だけで

「さすがメルセデス・ベンツだなぁ」

と乗るたびに感じるって、ある意味すごいですよね。

ダメな所も沢山あるけど可愛い愛車

記事内でも書きましたが、ベンツのAクラスって欠点もたくさんあります。

その分、良い所はめちゃくちゃ良いんですよ…!

つまり、結局は「欠点を許せるかどうか」なんですよね。


私の場合は、なんだかんだ言っても可愛い愛車だなぁと思っています。

なので購入を後悔したことはありません。

あ、ちなみに「ベンツはすぐ壊れる」とかネット上にはたくさん書かれていますが、そんなことは全くないですよ。

6ヶ月で何度も遠出していますが、故障は一度もないですね。


ベンツを購入する際はネット記事を100%信じるのではなく、試乗でフィーリングを試してみましょうね。

そうすれば、私のように戸惑うことはないと思います。

お読みいただき、ありがとうございました!



※ブログの更新通知はTwitterのみとなっています。
よろしければ下のボタンからフォローをお願いします。

とっとこランサーのTwitterへ